back
pH計を使って野菜が好む土を作ろう!
自分の畑のpHを測定したことがありますか? 実は土には酸度が存在します。野菜は、根を張る土の酸度に敏感です。 なぜなら酸度が野菜にとって良くないと、養分を取り込めないからです。 ほとんどの野菜は、弱酸性から中性の土を好みますが雨の多い日本の土壌は、土のカルシウムカリウム、マグネシウムなどが流されやすく、酸性土となってしまいがちなのです。 そこで、土の酸度をアルカリ性、中性に調整するために石灰等を撒きますが、その分量を間違えると、野菜の収穫に影響を及ぼします。 そこで、PH計を使い、酸度を測り、対処することがとてもたいせつなのです。
酸性土壌の簡単な見分け方 次の植物がよく育つところは酸性土壌であることが多いースギナ・オオバコ・カヤツリ草・ハハコ草・キイチゴ 次の植物がよく育たないところは酸性土壌であることが多いーホウレンソウ・タマネギ・ダイズ・アズキ・キュウリ・ニンジン
“土の酸度をきちんとコントロールし、高収穫の期待!”

pH計の使い方

土壌酸度測定機 DM-13 の使い方 直接土に挿しておおよその土壌の酸性度(pH4~pH7程度)の測定ができます。

step1
測定する土壌に水を撒いて十分に湿らせます。
(手で握って固まる程度の水分が必要です。)

step2
金属部の電極がすべて埋まるように土壌に 挿入します。

step3
1分ほどして、数値が安定したら読み取ります。

DM-13の使い方写真

主な作物の生育に適する土壌pH値

日本のように雨の多い地域は、土壌に含まれる微量要素(ミネラル)が流出し、土が酸化しやすいので、酸性土壌になりがちです。pHとは水素イオン濃度指数のことで 0~14pHで表し、7.0が中性、それ以下が酸性、以上がアルカリ性です。下記の表を参考に土壌酸度を調節しましょう。
作物名   ph    作物名   ph 作物名   ph
アスパラガス 6.0-8.0 ハクサイ 6.0-7.5 ミカン 5.0-6.0
インゲン 5.5-6.8 バレイショ 4.5-6.0 メロン 6.5-7.0
カボチャ 5.5-7.5     リンゴ 5.5-6.5
カリフラワー 5.5-7.5 ピーマン 5.5-6.5    
キャベツ 6.5-7.0 ホウレンソウ 6.0-7.5 セージ 5.5-6.5
キュウリ 5.5-7.5 ヤマイモ 6.2程度 バジル 5.5-6.5
ゴボウ 5.5-6.5 レタス 6.0-7.0 ミント 7.0-8.0
サツマイモ 5.5-6.8     ローズマリー 5.0-6.0
サトイモ 5.0-7.0 大豆 5.5-6.5    
ダイコン 5.8-6.8 ラッカセイ 5.3-6.6 ショウガ 6.0-6.5
トウモロコシ 5.5-7.0     タマネギ 6.0-7.0
トマト 5.5-7.5 イチゴ 5.5-6.8 ニラ 6.0-6.5
ナス 6.0-7.3 スイカ 5.5-6.8 ネギ 5.7-7.4
ニンジン 5.5-7.0 ナシ 6.0-7.0 パセリ 6.0-6.5

初心者にも使いやすいオススメpH計

それでもやっぱりちょっと心配。という方のために、初心者でも使いやすい、竹村電機製作所オススメの3点をご紹介。
かんたん操作 土壌酸度測定器 DM-13
土壌に直接挿入して測定できるので, 初心者の方も安心してお使いいただけます。
さらに詳しく
オススメ
お手頃プライス 比色式pH検定器 DM-2
土壌を水で溶く必要がなく、サンプル土壌に直接試薬をかけて測定が可能です。
さらに詳しく
オススメ
本格派 簡易pHテスター 土壌測定セットpH計 PH-1
液体にして測定します。
ボタンひとつでセンサー測定ができます。
さらに詳しく
オススメ