back
水分計を使って苗木たちに必要な水分量を調節!
水をたっぷりあげておけば作物は育つ。といった間違った観念を持ってはいませんか? 確かに水分は作物の成長のうえでとても大切ですが、必要以上にやりすぎると、かえって、腐ってしまったり、虫が発生してしまったなんていう失敗がおこってしまします。 逆に、十分に水をやっておらず、成長が思うように進まず、せっかくの野菜たちが枯れてしまった。という残念な結果は避けたいかぎりです。 そこで、野菜の成長に重要な水分量を測り、必要な分だけ足してあげれば、野菜の健康状態が良好に保たれ、元気な野菜を収穫できるのです。
“よい水分環境づくりで元気な野菜づくり!”

水分計の使い方

土壌水分測定器テンションメーター DM-8の使い方

step1
棒部のゴム栓を取り、筒の中いっぱいに水を入れ、
栓を閉めます。

step2
先端の陶器の部分が作物の根の近くにくるように
土壌に埋設します。

step3
1時間以上経ってから、数値をよみます。

step3
水分の適正範囲を、赤(乾燥)緑(適正)黄(過多)と色分けしてありますので、潅水時期の目安とします。
常設して計測します。

テンションメーター DM-8の使い方写真

主な作物の適切水分値(pF値)

土の中の水には、植物が利用できるものと出来ないものとがあります。土といろいろな力で結びついているため、同じ量でも、ある土壌では適度であっても、別の土壌ではたりないことがあります。
土質によっては水分の保持形態が違うからです。土の水の量ではなく、土の水分状態をあらわしたものがpF値です。
作物名 前期 中期 後期 潅水の留意点
トマト 2.5
1.8-2.5
多肥栽培では多潅水がよいが、多すぎると過繁茂、空胴果、スジグサレ果が多発するので、要注意。小水分で、萎凋するようではシリグサレ果が出やすい。
キュウリ 2.5
1.7-2.3
前期の収穫開始まで少水分、後期は多水分がよい。収穫期は潅水回数を増やす。
ピーマン
1.5-2.0
ナス
1.5-2.0
少水分は根系が深くまで多くなるが、すぎると果実の光沢を失う。
ホウレンソウ 2.3
2.3
発芽後は畝間潅水で、葉を濡らさない。
アスパラガス
1.8-2.2
強い乾燥を受けると若茎の発生が止まる。多潅水では穂先の開きが大きい。
イチゴ
1.5-2.0
収穫期には水分不足にならない程度の少水分管理で、灰色カビ病などの発生を防止する。高設栽培はpF1.5
キャベツ 2.0 2.3 2.5
定植前後(2〜3回)の潅水で活着良し。
レタス 2.0
2.3
マルチ下の潅水がよい。
ハクサイ 2.0 2.3 2.5
ネギ 2.3
2.5
多潅水は軟腐病などの病害を助成する。
サトイモ 2.0 2.0 2.3
培土は根を痛めぬよう潅水後に行う。
ショウガ 2.0 2.3 2.5
根が浅く貧弱なので、潅水効果大。
ダイコン 2.3
2.5
ニンジン 2.3
2.5
4〜7葉期の潅水効果大。

初心者にも使いやすいオススメ水分計

それでもやっぱりちょっと心配。という方のために、初心者でも使いやすい、竹村電機製作所オススメの3点をご紹介。
かんたん操作 土壌水分測定器 テンションメーター DM-8
土壌に直接挿入して測定できるので, 初心者のかたも安心してお使いいただけます。
さらに詳しく
オススメ
お手頃プライス 簡易土壌水分計 DM-6
土壌に直接挿入して、土壌の乾湿
の状態を調べます。 電池が要らない
エコノミータイプです。
さらに詳しく
オススメ
土壌水分測定器 DM-18
測定結果がデジタルで瞬時に表示 されます。 浅い種まき床やポット苗 にも最適です。
さらに詳しく
オススメ